宝塚市の皆様へ 更年期との関わり

こんにちは!
前回は妊娠・出産期と歯周病の関わりについてお伝えしました。
今回は更年期と歯周病の関わりについてお伝えします。

更年期と歯周病375848
思春期、妊娠・出産期には女性ホルモンの分泌が増え、歯周病の原因を作っていました。
ですが更年期以降は逆に女性ホルモンが急激に減ることによって起こる問題があるわけです。
個人差はありますが、40歳を過ぎたころから月経が乱れはじめ、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってきます。
エストロゲンは、骨量と骨密度を保つのに重要な役割を果たしているので、そのエストロゲンが減ってくると、骨がスカスカになる骨粗しょう症が起きやすくなります。
骨粗しょう症は、歯周病とも深い関係があり、歯は歯槽骨という骨を土台にして支えられているのですが、その歯槽骨は、歯周病がひどくなると少しずつ溶けてなくなってしまいます。
また40歳位になると、薬や病気などの原因によって唾液が減るドライマウスの人が増え、ホルモンバランスが崩れる上に唾液の分泌も減るので、ドライマウスになっていたり、骨粗しょう症で骨密度が低くなっていたりすると、歯周病はますます進行しやすくなります

1fd33f75096f779745043790c3089bc4_s更年期の歯周病との付き合い方
まず基本である歯磨きをていねいにして歯周病を防ぎ、エストロゲンを多く含む納豆・豆腐・おから・味噌・厚揚げなど大豆由来の食材を摂り、減ってしまったホルモンを補うとよいでしょう。
他にも骨を強くするカルシウムを多く含む乳製品、骨や殻ごと食べれる魚介類、葉物等や、タンパク質を多く含む肉類、卵類、ビタミンやマグネシウムなどを多く含む食品を摂るように心がけるようにしましょう。
食事の時に、食材をよく噛んだりすることで唾液の分泌を増やすことができ、唾液が増えることでドライマウスの症状を和らげることができます。骨粗しょう症やドライマウスに負けないためにも、日々の食事には十分に気を配るようにしましょう。

PAGE TOP