宝塚市の皆様へ 妊娠・出産との関わり

こんにちは!
前回は思春期と歯周病の関わりについてお伝えしました。
今回は妊娠・出産期と歯周病の関わりについてお伝えします。

妊娠と歯周病
妊婦さんのお肌はスベスベしていて、とてもきれいですよね。妊娠期は女性ホルモンの分泌がかなり増えて、さかんに分泌されているからです。ですがいいことばかりではなく、口の健康にとっては気をつけなければならない重要な時期です。
dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s妊娠12週から13週は妊娠初期に比べて、歯周病菌であるプレボテラ・インテルメディアという菌が約5倍にも増加するので、歯肉炎や歯周炎になりやすくなります。
またつわりも口内環境を悪化させる一因であり、歯磨きが十分にできず、食欲も唾液量が減り、自浄作用が低下しているので、プラークコントロールがおろそかになりがちになってしまいます。
妊娠中は歯周病にもむし歯にもなりやすく、そのうえ、歯周病菌が5倍にも増えてしまう。妊娠中の歯科受診については、不安に感じられる方も多く、かかりつけの歯科医がないと、妊婦さんはつい受診せずに過ごしてしまいがちです。
受診時期を逃して重症になってしまう方もなかにはおられます。また歯周病の妊婦さんの場合、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼす事がわかってきており、早産・低体重児出産のリスクが約7.5倍にもなるという報告もあります。

むし歯菌の母子感染
むし歯菌も歯周病菌も周りの大人が自分の箸で食べ物を与えたり、キスをすることでお子さんにうつってしまいます。とくにむし歯が多いお母さんの場合は、お母さんの口内に存在するむし歯菌を与えてしまうため、お子さんもむし歯が多いケースが多くみられます
ですが食べ物を与えたり、キスをしたりするといったスキンシップを禁止するのではなく、お母さんをはじめとした周りの大人達が口内環境を整え、むし歯の原因である口内細菌を減らし、むし歯にならないように心がけることが重要です。
ご自身の健康のためだけでなく、生まれてくるお子さんやご家族のためにも、お母さんのお口の健康はとても大切といえます。
日ごろからお口の中を清潔に保つようにして、妊娠前に治療をすませておけば、お子さんへの母子感染は十分に防ぐことができます。
また妊娠中でも歯周病の治療は可能ですので、妊娠中は特に口の中を清潔に保つように心がけ、4カ月から8カ月の安定期になりましたら、歯科医院での治療を受けることをお勧めします。

PAGE TOP