宝塚市の皆様へ 思春期と歯周病の関わり

こんにちは!
前回はお口の健康と女性ホルモンについてお伝えしました。
今回は思春期と歯周病の関わりについてお伝えします。

思春期と歯周病
歯周病というと若い人はかからないと思っている方も多いと思います。ですが、実は10代~20代の年齢層でも多くの方が歯周病にかかっているというデータがあります。
歯周病にかかる歯の本数や症状の進行具合は高齢者程深刻ではない場合がほとんどですが、なかには重度の症状を引き起こしてしまう場合もあります。
その場合歯周病にかかってしまい症状が悪くなるのは、男性よりも女性のほうが多いと言われており、女性には特に歯周病に気を付けていただく必要があります。

女性の場合、思春期にエストロゲンとプロゲステロンという、前回お話しした女性ホルモンの分泌が活発になると歯ぐきが過敏になり、少しの歯垢でもひどく炎症を起こしたり、赤く腫れて出血したりするようになります。
歯周病菌には女性ホルモンを栄養とするものがあるので、女性ホルモンが増えると比例して細菌の数も増えるわけです。
ですから歯周病のケアは思春期の頃から始めるようにしましょう。思春期には初潮を向かえる人も増えるので、それ以降は月経のたびに歯肉に炎症が起こりやすくなってしまいます。口の中に腫れや痛みを感じたり、口臭が気になったりする場合もあります。
460b2073375cee7c5e1c28e2079aa6fd_sまた、思春期にかぎらず月経が近づくと、周期的に起こるホルモン量の変化で口内炎ができたり、歯ぐきが腫れたりするなどのトラブルが起こりやすくなったり、試験勉強などのストレスで免疫力が低下して歯周病が悪化することもあります。
非常に体内のバランスが不安定になる時期ですので、ご両親は娘さんに対して歯磨きを丁寧にしてあげたり、食事に対する配慮などをしっかりと伝えるようにしてください。
口内環境が悪い場合、重度の歯周病にかかって永久歯を失ってしまう可能性もあるので、定期的に歯科医院を受診して歯石をとることや、痛みや腫れ、歯のぐらつきなどがあればすぐに歯科医院で治療を受けることが重要です。

PAGE TOP