宝塚市の皆様へ 喫煙の影響への対処

今回で4回目となる喫煙の影響に関するお話になります。
これまでに紹介した喫煙の影響に対しての対処をご紹介しようと思います。

歯ぐきへの影響・ヤニ汚れ・口腔がん・口臭・・・いずれも喫煙が原因である可能性のものばかりです。ですのでこれらを改善するには原因の元である喫煙をやめる、すなわち「禁煙」が一番の対処法です。

651bfe11cde017a69cba75291aea6bb2_s 近年喫煙者の数はかなり減少し、禁煙するためのグッズや方法も増えてきています。禁煙は上記の症状の他にも健康によいことばかりですので、禁煙するのによいタイミングだと思って始めてみてはどうでしょうか。
禁煙が難しい人は、最近普及が進んできている煙の出ないタバコに変えてみるのもよいかもしれません。
煙の出ないタバコはタールの吸引を大幅に軽減できるので、比例して歯につくヤニの量も大幅に軽減できると言われています。全国的に普及し始めたばかりなので、実際の違いやまだ分からない点もありますが、口内環境を少しでもよくするために試してみる価値は十分あると言えます。

ヤニ汚れ
ヤニ汚れについては、歯科でヤニの除去やホワイトニングを行ってもらうことで、歯を白くキレイに戻すことは十分可能です。ですがせっかく歯をキレイにするための努力をしても、喫煙や飲食に気を遣わずに黄ばみや黒ずみをつけていては意味がありません。
色素の付いた歯をクリーニングしたり、ホワイトニングする事は歯科医院などで行えますが、出来ればキレイになった状態を維持したいですね。キレイな歯を維持するためにも、その後のケアや予防、毎日の習慣を変えていくようにしましょう。

口腔がん
口腔がんはむし歯をそのままにしていたり、合わない入れ歯を使っていて舌や頬を傷つけていたり、口の中が歯垢や歯石で汚れていると発生しやすくなります。合わない入れ歯や破れたかぶせ物、治療していないむし歯があれば放置せずに、歯科医院で治療を受けましょう。口腔がんの予防で大切なことは、かかりつけの歯科医を持って、定期的な検診と治療を受けることです。

口臭
口臭は歯周病が原因の可能性が高いので、歯周病の予防のためにも、半年に1回は歯科医院での検査を受けるようにしましょう。歯周病には口内の細菌の数だけでなく、病原菌と戦う免疫機能の強さ、遺伝的な資質、ストレス度、それから生活習慣などが、歯周病の原因に大きく関係していることが明らかになってきています。
歯周病にならないようにするためには、口の中のケアだけでは不十分だということです。生活習慣とは食生活や睡眠、喫煙、飲酒などが含まれます。こうした生活習慣の良し悪しに左右される歯周病は、糖尿病や心臓病などと同じ生活習慣病です。
内科医が高血圧の患者さんに「塩分を減らした食事をするように」「お酒を控えるように」と指導するのと同じように、歯科医では喫煙習慣のある歯周病の患者さんには、当然「タバコをぜひやめましょう」とすすめることになります。
では、禁煙すれば歯周病が治るのかというとそうではありません。それはあくまで、歯の周りの組織にとって不利な条件のひとつを取り除いたのに過ぎないからです。きちんと歯周病を治すためには、禁煙に加えて歯周病の直接的な原因の歯垢や歯石を完全に取り除かなければなりません。そうして口内環境が整ってこそはじめて意味があるのです。

禁煙のメリット
例えば歯科医院を訪れた患者さんが一人、歯科での禁煙支援がきっかけで禁煙に成功したとします。危険因子となっていた歯周病は改善され、口腔がんのリスクも減少し、味覚が正常となって楽しい食生活をとることができます。
それだけでなく、お口以外の全ての臓器も同様に、危険因子がなくなることによって、色々な病気のリスクが減少するのです。さらに、同居する家族や友人、職場や道ですれ違う不特定多数の人々への受動喫煙、三次喫煙もなくなります。禁煙することで周囲の人だけでなく、大勢の人を煙草の害から守れるということです。

それでは最後に喫煙が原因で起こるトラブルの予防のために必要なことをまとめましょう。

◆たばこ、お酒を控える
◆偏食をせずバランスの良い食生活を心がける
◆歯磨きやうがいを習慣化して口の中を清潔に保つ
◆むし歯の適切な治療、こまめな入れ歯の調整
◆むし歯や歯周病を予防するためのクリーニングなどを受ける

お口の中を清潔に保つことは、身体全体に起こるリスクを下げることになります。健常な体を保つためにもよい生活習慣を心がけましょう。

PAGE TOP