宝塚市の皆様へ 歯ぐきへの影響とヤニ汚れ

前回は喫煙で起こる口内トラブルについてお伝えしました。
今回は喫煙が原因の歯ぐきへの影響とヤニ汚れについてご紹介いたします。

喫煙と歯ぐきへの影響
前回お伝えしましたが、煙草の煙の中には有害な物質が多数存在しています。タール・ニコチン・一酸化炭素の三つは特に有害で、口内環境を悪化させる原因になっています。これらの有害物質を喫煙習慣から常用的に摂取し続けると歯のヤニ汚れや、歯ぐきの黒ずみ、口内炎、口臭などの症状が表れます。accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s
喫煙が歯周病を引き起こしやすくすることはこれまでにもお伝えしてきましたが、煙草の有害物質は血管を収縮させ血流を悪くします。当然歯ぐきに十分な栄養が届かなくなるので、抵抗力が下がって歯周病にかかりやすくなります。
さらに歯周病が進行するのを早めたり、壊される組織の範囲を広げたりするなど、歯周病を重症化させる原因にも繋がります。また歯ぐきは歯周病が慢性的に発症すると、歯ぐきの内側から黒くなってくることがあります。
歯周病の進行度と、1日の喫煙本数と喫煙年数が比例することは分かっており、歯周病が発症した後に治療をしたとしても、喫煙を続けると歯周病が繰り返し発症してしまい、歯ぐきがだんだん黒くなってしまうのです。

さらにご家族に喫煙者がいる方は受動喫煙による影響も深刻です。
特に幼いお子さんは受動喫煙のリスクを受けやすいので、ご家族の吸う煙の影響で歯ぐきに黒いメラニン色素が出ることが多いです。
受動喫煙はむし歯のリスクにもなりえますので、お子さんのからだに知らず知らずのうちに悪い影響を与えている可能性があります。

喫煙から起こるヤニ汚れ
喫煙されている方で歯の黄ばみや、黒ずみに悩まされている方は多いでしょう。喫煙で歯が黄ばんだり、黒ずんだりするのはヤニ汚れのせいです。ではヤニ汚れのヤニとはいったい何なのかについてまずご説明します。
煙草の煙の中の有害物質のひとつであるタールは植物樹脂で、松脂(マツヤニ)のように粘り気のある脂のようなものでできていて、この脂のことをヤニと言います。
このヤニが喫煙によって歯の表面にこびり付き、そのまま蓄積されていくと、なかなか取れない黄ばみや黒ずみの素になるのです。
歯の黄ばみや黒ずみは見た目の印象もよくないですし、ヤニの素であるタールは歯の表面に歯石をつきやすくし、歯周病を悪化させるなどの悪影響もありますので、喫煙者の方は特に口内環境に気をつけないといけないといけません。

PAGE TOP