宝塚市の皆様へ 2~6歳頃の歯みがきについて

前回は乳幼児期のお子さんの歯みがきについてお伝えしました。
今回は2~6歳頃のお子さんの歯みがきについてご紹介いたします。

2~3歳ごろになると自我が芽生えるようになり、何をするにしても反抗するようになるなど、歯みがきをしなくてはいけないと理解はしていても、歯みがき習慣がなかったり歯みがきに対して痛かった体験があると、なかなか素直に歯みがきはしてくれず、仕上げ歯みがきもさせてくれません。
乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから歯みがきも適当でもいいのではないかと思われるかもしれませんが、だからといって決してむし歯になっていい歯ではありません。
それに乳歯がむし歯になっていると永久歯もむし歯になりやすくなります。口内環境をできるだけ清潔にしておくことは非常に重要ですので、永久歯がむし歯になるリスクを軽減するにも、乳歯の頃からの心がけが大事です。

この時期になるとお子さんは自分自身で歯ブラシを使って歯みがきができるようになりますので、自分の習慣として歯みがきが行えるように、基本的には自分で歯を磨かせるようにしましょう。
ですがこの時期は乳歯が生えそろったり、最初の永久歯が生え始めるなど、お子さんのお口の中にも目まぐるしい変化がある時期なので、お子さんが行った歯みがきの後には変化の確認をするためにも、必ず仕上げみがきを親御さんがしてあげてください。

仕上げみがきのポイントcanstockphoto1148206
①練習のために、はじめはお子さん自身に歯みがきをさせましょう。
②お子さんがみがいた後で、親御さんが仕上げとしてみがいてあげましょう。
③お子さんが嫌がって仕上げ歯みがきをしたがらない時はお子さんの機嫌がよい時や、お友達と一緒に歯みがきして歯みがきを楽しいものとして教えてあげるのも効果的です。

PAGE TOP