宝塚市の皆様へ 乳幼児期の歯みがきについて

前回はお子さんの歯みがきについての必要性についてお伝えしました。
今回は乳幼児期のお子さんの歯みがきについてご紹介いたします。
canstockphoto2484313
歯みがき嫌いなお子さんを作らないために
赤ちゃんは生まれてから4か月~8か月ぐらいまでに最初の歯が顔を出してきます。
ですのでお子さんの歯磨きを始めるのは生後6か月~1歳までの間というのが一般には多いようですが、この頃の歯磨きは歯や口内をきれいに保つという意味では実はそれほど重要ではありません。
ですが歯が生えそろって食べるものが増えてきたとき、急に歯みがきを念入りにしようと始めてもうまくいかないことが少なくありません。
体に触られる、口の中に何かを入れられるのが苦手な子供や、口の中や味に敏感な子供に、急に仕上げみがきをしようとすると大泣きされたり、暴れられたりすることもあります。
ですからこの時期はお子さんが歯みがきを苦手にならないように、ご両親とお子さんのどちらもが歯みがきに慣れていくために必要な練習期間と言えます。

子供の生えたばかりの歯は小さくとてもデリケートなので、強い力でみがくと痛がったり、怖い思いをさせてしまいます。
赤ちゃん専用の歯ブラシを使い、マッサージをするようなイメージで毛先をあまり動かさず、くすぐるような感覚でくるくると円をえがくようにみがいてあげるとよいでしょう。
子供にとって歯みがきとの出会いが「痛くない」「不快ではない」ことが大切です。

またご両親の仕上げみがきはお子さんとの大切なスキンシップの場でもあります。
歯みがき嫌いのお子さんは、たいてい耳掃除やお風呂で体を洗うといった行為も苦手な子が多く、スキンシップが不足していることが多いようです。
こうしたお子さんには無理強いをして歯みがきをするのではなく、日ごろから抱っこしたり、マッサージ、くすぐりっこなどで、スキンシップを多くとり、触られることに慣れさせていくようにしましょう。
また仕上げみがきの際にあお向けの姿勢になるのが苦手で、それが原因で歯みがき嫌いに…というお子さんも少なくありません。
こうしたお子さんには歯みがき以外の場で遊びの延長などから自然あお向けの姿勢になるような、姿勢の変化になじむ遊びを取り入れてみるなどの工夫をこらし、お子さんが歯みがきを嫌いにならないようにしてあげることも、生涯に渡ってお子さんの歯と体の健康を保つために大事なことです。

PAGE TOP