宝塚市の皆様へ 歯医者で行う麻酔(局所麻酔)について

歯医者で行う麻酔(局所麻酔)についてcanstockphoto5393105

例えば、むし歯の治療を行う場合、むし歯になっている部分を削り、その部分に樹脂などの詰め物を補い治療を行います。この時、むし歯が神経近くまで達していたりすると削る際に痛みが生じます。
歯の治療で痛みを和らげる為に歯茎へ麻酔注射を行います。この注射を正式には局所麻酔と呼んでいます。

局所麻酔はその名の通り局所に麻酔薬を作用させて一時的に感覚を消失させる方法で、歯科治療での痛みを和らげる為に必要不可欠な麻酔法です。
局所麻酔薬の多くは、麻酔効果と安全性を高めるためにアドレナリンという物質が含まれており、高血圧や心臓疾患のある患者さんに使用すると、血圧が上昇する、動悸といった症状が現れる場合が有ります。これらの症状は殆どの場合、安静にすれば治まりますが症状がある場合は必ず歯科医師に伝える必要が有ります。

アドレナリンを含まない麻酔薬も開発されていますので、高血圧や心臓疾患のある患者様は治療の前に歯科医師に伝えて下さい。また、現在用いられている局所麻酔薬は安全性が高く、アレルギー反応を起こすことは極めて稀です。
麻酔注射後に気分が悪くなった場合、原因の多くは過剰な緊張や不安がもたらす精神的反応です。このような経験をお持ちの患者さんには、精神鎮静法が大いに効果を発揮します。

PAGE TOP