宝塚市の皆様へ コンポジットレジン修復その2

コンポジットレジンによるMI治療

むし歯治療で最低限の侵襲な治療を行います。分かりやすく言うと健全な歯を出来るだけ削らないで残す治療行う事を言います。
取り除いたむし歯の場所はコンポジットレジンで修復します。
治療としては、感染した歯を削った後にコンポジットレジンを詰めます。
歯に特殊なコーティング剤を塗り、光を当てると、歯とこの白いコンポジットレジンという材料がくっつくようになります。コンポジットレジン修復は、範囲が小さいむし歯に適応します。

コンポジットレジンの欠点

コンポジットレジンは白いので、銀歯とくらべると、審美性は優れていますが、徐々に水を吸収し変色してきます。特に、コーヒー・紅茶のカフェインをたくさん飲む、ワインやカレーなどをたくさん食べる人ではすぐに着色してしまうので、色が気になる場合は数年でやり直す必要があります。保険治療ですので、前歯であれば2000円程度、奥歯で3000円くらいです。
ただし、最新の新しい強度の強いもを使用すると自費診療となる場合が有りますので、歯医者さんに確認する必要が有ります。

Composite resin restoration 04

コンポジットレジンの良いところ

コンポジットレジン修復は、小さく削って詰められることです。金属では、歯にしっかりと装着させるため削る範囲が大きくなり、健康な歯の部分まで削る事が一般的ですが、コンポジットレジンはむし歯部分のみ削るだけで済むので、自分の歯をできる限り残せることができます。
ただし、強度は金属と比べて弱いため、むし歯の範囲が大きかったり、噛む力が強い奥歯では、適応できない場合が有りますので適応可能か歯医者さんに確認しましょう。

PAGE TOP