宝塚市の皆さまへ むし歯予防について

宝塚 のみなさま
宝塚市内に開院予定のプルミエ歯科です。

今日は「むし歯予防」についてご案内いたします。

口の中の酸が歯を溶かす?
口の中というのは通常、弱酸性です。そこに糖分を含む食物を食べると酸性に変化します。
そして酸性の度合いが大きくなると、歯のカルシウムやリンが溶け出していきます。しかしきちんとアルカリ性のだ液が、カルシウムやリンを補って元に戻してくれます。これが「再石灰化」と呼ばれる現象です。
eatしかし、寝ている時は、このだ液がほとんど出ないので、口の中が酸性のままとなってしまい、通常時と比べて再石灰化が行われにくくなります。

寝る直前の飲食では、寝るまでにだ液による再石灰化が間に合わなくなり、また食事の間隔が短い時も、だ液による再石灰化が間に合わなくなります。

結果、むし歯になりやすくなってしまうのです。

 

「むし歯予防」で重要なポイントbrushing
規則正しい食事を心がけて、だ液による再石灰化を行えるようにします。
そして可能な限り、食後すぐ(3分以内)の歯みがきで、歯垢(プラーク)を取り除くことが、むし歯の予防になります。
歯みがきをしわすれた、みがき残しなどが原因で歯垢(プラーク)がそのまま放置されるとむし歯の原因菌が繁殖してしまいます。歯垢や歯石は定期的に歯医者でクリーニングをしてもらいましょう。
定期的に歯医者を受診することで、むし歯の予防になりますし、万が一異変があった時でも、早めに治療できるので安心していただけます。

PAGE TOP